新車販売店が扱う中古車

各メーカーの直属の販売店であるディーラーが自社、他社問わず中古車を扱うことが増えています。これまでも営業マンが独自に中古車を販売することがありましたが、販売店自らが中古車をブランド化して販売しています。



ディーラーが売る中古は認定中古車と呼ばれ、一般の販売店が売る中古とは根本的に売り方が違います。



普通の売り方は売り切りスタイルが多いです。
安く仕入れて、かんたんなメンテナンスをし、安く売る。



という売り方です。
顧客にとっては新車の数分の一で買えることもあり好評なのですが、中古のため、いつ不具合があるかわかりません。一般的には安く売られる車は保証がなく、不具合があっても自費での修理となります。


また、自社工場を持っていないことも多いので修理に時間がかかることも多いようです。


ディーラーではこのような売り方はしていません。

あくまでも販売する車はディーラーが最後まで責任を持てる体制で売っているのが特徴です。新車の場合は購入後にある程度の期間保証がついています。中古の場合は保証がないのですが、各ディーラーで独自に新車に劣らない保証を着けて販売することが多いようです。


保証は各保安部品だけではなく、車全体につけていることも特徴です。

ただし、ディーラーの認定車は保証や各種メンテナンスがしっかりとしているだけに他の中古車とは違い割高な価格設定となることが多いです。
購入後の保証は顧客が選ぶ時代になったともいます。