中古車を評価方法について

中古車の評価額を上げる方法はいくつかありますが、次のような方法も有効です。例えば、付属品を大切に保管しておき、それを査定の時に車と一緒に提出することです。



こうした方法は意外に知られていないかもしれませんが、評価を上げるうえで有効な方法です。

というのも、中古車の付属品の中にはプラス査定に繋がるものがいくつもあり、そうした付属品も車と同じく査定対象になるのです。

そして、その付属品がプラス査定されれば、全体の買取金額も上がるというわけです。

しかしそれを行うためには、プラス査定に繋がるどんな付属品があるのかを知っておかなければなりません。

例えば、次のような付属品はプラス査定に繋がります。


スペアキー、整備手帳、取扱説明説明書、点検記録簿、修理の際の書類などです。

またオプションパーツとしては、サンルーフ、電動スライドドア、エアバッグ、純正ナビなどは高評価に繋がります。もう一つ、中古車の評価を上げる方法があります。

朝日新聞デジタル情報に関する耳より情報を公開しています。

それは、査定の時に、分かりづらい欠陥や不具合箇所について、査定士に正直に申告するということです。
そんなことをしたら評価損じゃないかと思われるかもしれませんが、その逆です。あらかじめ正直に申告することによって信頼を得ることができ、その結果、全体の査定を好意的にまた積極的に行ってもらえるようになるのです。

そのことが結果として、高額査定に繋がるのです。

これから中古車を売りに出そうと思ってる方は、ぜひこの点に留意しておいてください。