コンディションの良い中古車の選び方

中古車選びではできるだけコンディションの良い車両を選ぶことが基本ですが、コンディションを見極めるのはプロでも難しいため、基本に忠実に探すことが大切だと言えます。
中古車選び基本は走行距離やボディのコンディション、エンジンの状況などが大きなポイントになります。

中古車選びでは、1台ごとに違うコンディションを判断する必要がありますが、そのためには走行距離を重視することが大切です。


買取査定でも走行距離がマイナス査定の大きなウェイトを占めていますが、走行距離が多いほど使用頻度が高い車となります。

使用頻度が高い車は消耗品の劣化が激しくなりますし、様々なパーツにストレスがかかっているのが基本です。



走れば走るほど劣化が進むという考えから、中古車査定でも過走行が不利となるのです。

朝日新聞デジタルで快適な暮らしを実現しましょう。

走行距離の他にはボディの損傷がありますが、ボディの基本骨格が損傷している車は、まっすぐ走らなかったりコーナリング性能が落ちている場合があります。



ボディのよれや歪みを直すことは可能ですが、費用がかかるため購入時には避ける必要があるのです。
車の中でも修理や交換に高額な費用が必要なのがエンジンとなります。

オイル交換などのメンテナンスを怠った車は、エンジンのコンディションが悪くなっている車両が多いため、間違って購入してしまうと修理費用がかさんでしまうのです。

コンディションの良い車を選ぶには、車両の見極めも重要ですが販売店の信頼度もポイントだと言えます。